ルベランギスⅡの前衛装備を考える

武闘家やバトルマスターの想定です。

武器

バトルマスターは右手に輝天のつるぎの会心、左手に輝天のつるぎの攻撃を装備しましょう。(左手は会心の合成が反映されないので攻撃)

武闘家や輝天のやりの攻撃埋め。

高い大成功を買うなら核を入れましょう。

現状HPラインがかなりきついので、頭につける錬金はHPにしたほうがいいです。レベルの上昇やステータスアップによる緩和が進めば、ここの枠はおぞましいおたけび対策の混乱封印あたりをつけるのがいいと思います。

体上

構成によって左右される枠。中衛がレンジャーなら呪文耐性道具使いならブレス耐性をつけるのがいいと思います。

レンジャー構成ならブレスを無効に出来るので呪い耐性が要らないですが、まもりのきりがかかっていなくて、聖女で耐える場面を想定して呪い耐性をつけるのも有りです。呪文耐性埋め錬金の方がバザーでも安く買うことができ、安定してメラガイアーを2発耐えられるのでおすすめです。

道具構成ならブレス錬金+呪いにして滅却込みで耐える想定になるでしょう。武闘家なら武神将軍のゆびわがなくてもバイキルトを維持できるので、呪いを聖守護者の指輪にしてブレス埋めにしてもいいですね。

体下

頭錬金がHP優先なので耐性錬金をつけるにしても1種類しかつけられないです。

幻惑をつけると上呪いと合わせてダークネスブレスの耐性がクリアできます。レンジャー構成ではないときは必須耐性になります。

おぞましいおたけびで混乱と封印どちらか1枠つけるなら優先すべきは封印耐性。HPラインが上手く調整できるなら頭錬金の1枠を耐性にして、混乱封印両方つけるのもいいかもしれません。

まもりのきりでブレスを防いで、おぞましいおたけびに当たらないなら守備錬金もありですが、合成数値が控えめな上にバザーにあまり揃っていないので、あまりおすすめはできません。

会心一択です。超大成功2枠以上を目指さないならバザー価格は安め。

咎人の邪岩という技は転ぶ暇もない即死級の技ですが、軽減が重なれば耐えることも出来るので転びはつけておきましょう。

移動速度+転びはゼルメアシートを活用して拾いましょう。

セット装備

ファフニルや開祖などの選択肢はありますが、出品数が多い最新装備の聖域が無難におすすめのセット効果です。ガナドール→聖域で守備力が40程度変わるので、それにより、ツインクローのダメージが15程度変わってそこそこ影響あります。錬金埋め~超大成功1枠あたりなら比較的安くフルセットを揃えられるので、これを機に揃えてもいいと思います。

スカラ、魔結界、滅却、ピオラ、弓ポンからの選択で、構成によって必要度が下がります。

レン入り→滅却不要

道具入り→スカラ、魔結界不要

僧侶入り→スカラ不要

弓ポンはレンジャーがいれば、必ず被弾する技で剥がされることがないので、おぞましいおたけびの保険になりやすくておすすめです。

新規の魔犬の仮面を作った際は、忘れずに悪霊の仮面HPを伝承しましょう。

多段が多いので竜のうろこをつけましょう。HPが足りているなら合成効果を攻撃にしましょう。

断罪のゆびわが追加されましたが、バイキを更新できる武神将軍のゆびわの方が強いです。ヤリにバイキ更新がある武闘家は、この枠に聖守護者のゆびわで呪いをつけることも可能。

前衛ということでセトのアンクをつけたいところですが、HPに余裕ができるまではアヌビスのアンクをつけましょう。

鳥特攻と攻撃が優先すべき効果でしょう。おまけでHPがつくとかなり強くなります。

HPと攻撃は確定で、好みですばやさか守備をつけましょう。ツインクローが多いので、影響の少ないすばやさよりも守備がおすすめです。

HPがはちゃめちゃに上がる煌玉をつけましょう。

紋章

前衛はハルファスの大紋章一択です。優先すべきサブ効果は守備>すばやさ>きようさ

会心攻撃が多いバトルマスターはガナン、テンション攻撃が多い武闘家は夢幻魔王。

相手の魔法ダメージを0にできるマホステを100%にしましょう。残りはスカラ、弓ポン、聖女のあたりから選択。聖女は人気な効果ですが、Ⅱはほぼすべての攻撃が多段攻撃となり、聖女が生きてくる場面がブレス攻撃くらいしかないので、普段よりは優先度低めです。

コメント

  1. […] […]